新JISについて

昨日は、東京出張でした。

毎年恒例の㈱アイナックス様の販売協力店会に

参加してきました。

機械についてのいろいろな情報を頂きましたが、

やはり12月から改訂となる新JISの話が

中心となりました。

主要メーカー様の新JIS対応水洗機のMA値比較。

参考になりますね。

稲本製作所、山本製作所、TOSEI の3社ですが、

下記の通りです。

稲本製作所 ECO-22DX

ネット使用無し;17~23 ネット使用;9~15

山本製作所 WD161S (ニンジャウェット)

ネット使用無し;20 ネット使用;10

TOSEI  WI-251B(2016年7月受注開始)

20以下(開発中ですので参考値)

※洗浄プログラムや負荷率によってMA値は変動します。

因みにMA値についてはご存知かとは思いますが、

下記の通りです。念のため。

数値が大きいほど機械力が強いということになります。

  • 標準 : 60
  • 弱い洗い(シングルアンダーバー) : 35
  • 非常に弱い洗い(ダブルアンダーバー) : 20以下

上記のような数値基準となります。

ここで、ふと思ったことですが…

商業ウェットクリーニングにおいて

新しい表示が付いた衣類は、

もちろん

このMA値を基準として洗うことになるわけです。

しかし、

本当に機械力を抑える(基準値以下にする)こと

だけで大丈夫なのか?

水に落とすことで

  • 繊維素材の風合い劣化
  • 色落ち(染色堅牢度)
  • シミや汚れは多種多様、ついてきたシミや汚れが落ちるのか?
  • 洗った後の乾燥、仕上げと整形の問題。
  • 生産性と料金の問題。

MA値の話ばかりではなく、

  • 衣類が洗浄前の状態にキチンと復元できるのか?
  • その手間に見合う料金をお客様から頂けるのか?
  • 納期はどのくらい掛かるのか?(クイックでやる必要はありませんが。)

ここが大切なことだと思います。

そうなると、もちろん作業者の目利きや腕の問題

もありますが、

  • 現場で誰でも簡単にトラブルが無いように洗える。
  • 仕上げが誰でも出来るようにならないといけません。
  • 再現性の無いものでは、ビジネスとして継続したサービスは提供できなくなります。

ここで、やはり機械とケミカル(洗剤・助剤等)を

どう活用するか?

機械とケミカルを使いこなすためには

人の知恵が必要になってきます。

正しい情報・知識を持って、判断し、機械および

ケミカルを選定して、それを正しく使う。

ここが重要なポイントだと思います。

再現性、大切です。

そのためのツールやマニュアル作りが

必要となります。

長々と、まとまりのない話になってしまいました。

お話したいことは伝わったでしょうか?

ご意見、ご感想等ございましたら、

是非お聞かせください。

株式会社 宮商 宮川武士

info@miyasho.co.jp

 

タグ: , , , ,  カテゴリ:情報