今週、日曜日は新リフォーム講習会

今週日曜日(5月27日)に、レッツリフォーム・高柳先生をお招きして、《新リフォーム講習会》を開催いたします。

茨城県、栃木県近県の方で、まだ、新リフォーム講習会に参加されたことがない方、何故ですか?この状況でまだ『修理なんてそんなに無いよ。』とか『修理なんてウチらのヤルことじゃない。もし依頼があれば全部外注に出せばいい。』と考えているのですか?本当にそれで良いのですか?宝の山が目の前にあるのに、何故掘り起こそうとしないのですか?

繁忙期のこの時期に敢えて言わせて頂きますが、このままではクリーニングの需要は今後も低迷していきます。その理由は、ファストファッションと呼ばれるカジュアル衣料メーカーの台頭です。そこで、今回はカジュアル品の取り込みについて考えたいと思います。ご家庭のクローゼットの中を想像して下さい。クローゼットの中には、クリーニングに出す衣類よりは、Tシャツ、ポロシャツ、ジーンズをはじめとする、カジュアル衣類の方が間違いなく多いはずです。クリーニング店の中には、カジュアル品を安くして集めようとする方もいるようです。低価格の衣類だから、安くして集める。実際、洗って仕上げの手間はあまり変わらないのに、何故安くするのですか。実際、儲からないし、どれだけ安くしても、家庭洗濯には敵いません。

単にカジュアル品・普段着と言っても、いろいろあります。それこそ、ピンキリですよね。ブランド品はもとより、ジーンズやアロハシャツなどの、いわゆるヴィンテージ品、限定品など、こだわりの衣類をお持ちの方はたくさんいます。それらの衣類をメンテナンスしたいと思っていても、何処に出したら良いのか分からないという方が多い。最近では、そういった衣類のお手入れの本がたくさん出版されて本屋さんでよく見かけます。(私もよく買いますが…)

ブランド品やヴィンテージ品などのメンテナンスが出来れば、クリーニングもお願いします、となるはずですよ。そうなれば、決して安くする必要はありません。
繰り返しになりますが、洋服は消耗品です。着れば着るだけ何処かしら傷む。キズ、穴あきはシミや汚れと同じです。新リフォームの需要は無尽蔵にあります。

『家で洗ってあるので、修理だけお願いします。』でも良いんじゃないですか?洗濯業だから、洗わないとダメなんて、誰が決めたんですか?

ファッションメンテナンス業になりましょう。これが生き残りの道です!

新リフォーム。すでに始めている方はもちろんですが、まだ初めていない方、早く始めないとホントに【もったいない】ですよ。家庭で洗えない衣類だけを集めていてはクリーニングの需要はどんどん落ち込んでいきます。さらには、キズ・穴あきなどで、もう着られないと諦めさせないことです。衣類を使い捨てにさせてしまうと、クリーニングの需要はどんどん無くなっていきます。

忙しい時期ではありますが、1日も早く始めて下さい。

皆様の奮ってのご参加をお待ちしております。

 

 カテゴリ:お知らせ , 講習会