インショップってどうなの? | 宮商

インショップってどうなの?

近年、北関東エリアでは、ロードサイドの単独店

あるいはコインランドリー併設店が増えております。

しかし、まだまだ軒数的には、取次店とインショップ

(食品スーパーやショッピングセンターのテナント)

が多いと思います。取次店は、儲からない事は無いはずです。

(あまりに売上が低いとルート経費が出ませんが…。)

問題なのは、インショップです。スーパー本体の売上増減によって

クリーニング店も影響を受ける事は必至です。

そこで、今一度確認して下さい。

自店がテナントとして入っているスーパーの売上は一体いくらなんでしょう?

契約の際、スーパー側の売上予算資料を確認されたとは思いますが、

オープンから数年経過している場合、当初と比べて、売上、客数はどう変化しているのでしょうか?

売上予算通りいっているのでしょうか?

それとも、近くに競合店が出来て苦戦しているのでしょうか?

インショップの場合、スーパー本体の売上の1%(最大で2%)がクリーニング売上の目安となります。

年商10億円であれば、クリーニング売上は年商1千万円(最大2千万円)となります。

それでは、実際に収支が合う売上とはいくらあれば良いのでしょうか?

…結論から言えば、人件費と諸経費を考えると、

年商20億円前後のスーパーでなければ合いません。

計算してみます。

人件費…30万円/月

家賃…15万円/月 で計算すると、

※あくまでも目安の売上を知るためですので、

償却費(出店の際に掛かる経費)、共益費他は含めていませんから、

経費はもう少し掛かると思います。

経費45万円(30+15万円)÷30%=150万円

※直営店の経費は30%が理想です。35%以下であれば良いですね。

40%を超えている場合は、要注意です。

150万円×12ヶ月=1,800万円/年

1,800万円÷1%=18億円

年商18億円相当のスーパーに入る必要があります。

しかし、年商が大きければ、大きいほど良いという訳でもないですよね。

大きければ、大きいほど、お店の存在、場所がわかりにくい。

週末型、遠方よりの来店を狙うショッピングモールだと、

そもそもクリーニングの需要はあまり見込めない。

経費倒れになってしまいます。

看板代だから…なんて言っている時代ではありません。

直営店舗でのマイナスは、工場の利益を確実に食い潰していきます。

クリーニングは現金前金商売ですから、お金は廻っていきますが、

いつか必ず、お金が足らなくなります。

今一度、インショップ(直営店舗)の売上を確認しましょう。

スーパーは出店もあれば、退店もあります。

これは、スーパーの都合ですので、こちらではどうしようもありません。

今後は、ロードサイドへの出店を目指す必要があるのでは?

リスク回避の為に必要な策だと思います。

思うままに書き綴りました。長文、駄文失礼しました。

 カテゴリ:情報