どんなYシャツも必ず縮む! | 宮商

どんなYシャツも必ず縮む!

CLV21 行って来ました!皆さんは、参加されましたか?

機械、資材様々な出展がありましたが、

今回はセミナーや見学会がかなり充実しておりました。

その中で、私が最も聞きたかったセミナーがコレです。

会場は150人以上参加されて、用意された椅子に座りきれないほどでした。

やはり、『ワイシャツの縮み』には皆さん、悩まれているようですね。

セミナー開始直後、まずは、この一言

『どんなシャツでも必ず縮む!』

でした。

まあ、そうなんですけど…。(*_*;

次に、ワイシャツの構造、芯のお話で、

現在販売されているワイシャツの90%近くはトップヒューズ芯です。

樹脂で接着させており、ふらし芯に比べ、縫製が容易で、

半永久芯とも呼ばれるほど、しっかりした仕上がりとなります。

低コストで、品質も安定しますので、やはりトップヒューズになってしまいますね。

トップヒューズ芯は樹脂で接着しておりますので、高温になると溶け出します。

我々の現場ではワイシャツを高温で濡れ掛けします。

ちょうど、その温度がトップヒューズ芯の樹脂が溶ける温度とほぼ一緒です。

通常は、160~170℃(蒸気圧 0.6MPa 前後)だと思います。

コレが問題なんですね。変形・収縮、樹脂のシミ出しの原因となります。

それじゃあ、どううすれば良いのか?

温度(蒸気圧力)と時間を調整することで、収縮率を抑える事が可能になります。

JIS規格、±3%の幅に納めれば問題は少なくなります。

『どんなシャツでも縮む!』ので、縮みをゼロにすることは無理ですが、

その収縮率をプレスの際の工夫で、低減することは可能です。

三幸社さんでの、テストの結果

【温度140℃(蒸気圧 0.4MPa前後)、時間20秒】

これで、かなり縮みが抑えられるデータが提示されました。

なるほど、納得です!

【まとめ】

①収縮の原因は高温と過乾燥です。シャツに合った温度と時間を設定しましょう!

②ネットを使ったり、洗浄時には必ずクールダウンを掛けて、シワを防止しましょう!

③糊も酢酸ビニルだけではなく、PVAタイプのものや、天然糊にシリコンを加えたり、

従来とは異なる、着心地のよいシャツをご提案してみてはいかがでしょうか?

ちょっと宣伝でスミマセンが…。(^^ゞ

弊社でおすすめの糊は【リニューW】です。

適度なハリと新調感のある仕上がり、

バリバリ、ゴワゴワにはなりません。

黒物にも使用できます。

リニュー(W)パンフ

 

 カテゴリ:おすすめ商品 , 情報